10月23日

頭の中に一匹の猿が居た。

猿は暗い牢内で、数の足し引きや単語の発声練習に興じている。

さすれば、鉄格子の外より金属棒がゆっくり差し込まれ、

「馳走をくれてやろう」

の一言で、猿は豪勢な食事にありつけたからだ。

 

猿は常に不安を感じている。

いつの日か、臓物にありつけなくなるんじゃないか、という意識で数を足し引きする。

不安の虫ならぬ、不安の猿がいつもいつも檻の中でひくひく泣きわめく。

 

と書いたところですごく疲れた。

諱のない言葉に意味をもたせようと、必死に頭を使って、それらしい文章を構築しようとしたためだった;

 

不安の猿の眠る牢の隣、少し離れたところに木星の机と、手製のチタン合金製パイプ椅子に座り、銀縁色の眼鏡を鼻に押し当てた、チンパンジー、学名で言うところの、Pan troglodytesは、毎日毎日不安の猿についての記録をつけようとしていたが、この木星生まれの猿は不慣れな言語体系を用いることに嫌気が挿し、句読点を何行か毎に付けるのも諦めて、椅子にもたれ掛かって、古い旧式のコンピュータ脇にある、火星の電子模型をくすぐって、火星表面にあるセクター9のオーストラリアコロニーを壊滅させた。

 

日記をつけるんだった。

10月23日。

希望を感じない日だった。

明日外に出るのがしんどくてしょうがない。

オーストラリアコロニーを壊滅させる遊びに興じたい。

舞台は22世紀。火星に人類が移住して、火星表面に居住地を作っているところだ。

火星の創造神たるプレイヤーは人類の殲滅を目的として、様々な天変地異を起こす、的なそういうアレ。

さっきいったことと矛盾するが、希望を感じていないことはない。がやる気は出ない。

焦る必要は多分無いが、不安の猿が五月蝿い。

しばしば、余計なところでビクつくんだよな、こいつは。

間違ったことはしていないから堂々としてればいいものを。

不安の猿の顔色伺いがムカつく日だった。

とりあえず地盤を固めたい。

意味がわかんないので、この日記公開したくないが、

今日の心理状態はこんなもんだったということで記録を。

地球には人がいっぱいいるけど、火星にはまだ誰もいないんだね。

 

 

10月22日

ブログを新しくしようと思ったけど、めんどいのでやめた。

あんまり部屋から出ないで、ほぼ一日中寝ていて、「The Frame」とかいう

映画を飛ばし見した。

 

良さがわからなかった。

ググってみたら、「面白い」「哲学的」「映像が美しい」「名作だ」というポジティブな評価が並ぶ。一方でネガティブな意見もあるが、それらには目を向けない。

 

Filmarksの口コミで自分の意見と一番近いのをピックアップすると、

イデアは面白く映像センスはある

設定も映像も頑張ってる

独特なカメラワーク

等々。

 設定と映像は概ね好評だが、かといって面白いかどうかは人それぞれらしい。

 

無意味な記号の集合体の中に規則性を見出そうとする、精神疾患にかかっているので、とりあえず抗うつ剤の処方を求めたい、というのが「The Frame」の感想です。

 

脚本・監督はジャマンウィナンスさんという人らしいです。

前作のinkの予告映像は結構面白そうですが、見てて楽しいのは2分くらいが限度な気がしないでもありません。127分は長いな。

 

全く意味のない記号、情報量が限りなくゼロに近いこの羅列。

記号が文字になって、文章になって、意味をなして情報となる。

意味→情報のステップが上手く機能していないです。

 

windows defender あんま役に立たない気がするんですよね

玄人感出しとかないと死んじゃう病罹患者で蔓延する日本社会を素人感丸出しで殴り続けるユーチューバーたち

昔よく見ていた個人サイトの掲示板に行ってみたら、

未だに同じコテハンが回していて、ノスタルジーに浸れた。